練習

コンディショニングとサプリメント

四十路ハイジャンパーのツナ(@highjumpbaka)です。

年齢を重ねると、学生時代のようなトレーニング、特に量をこなすことはできなくなります。

無理をしてしまえば、すぐに故障につながることが多くなる。

実際にマスターズ陸上に挑戦して2年目のシーズン、記録が思うように戻らないことによる焦燥感からオーバートレーニングとなり、膝を故障しました。

そこで、2年目のシーズンオフにトレーニングを見直し、一から身体を作り直すことに。

その効果もあり、3年目からは大きな故障なくシーズンを過ごすことができています。

大きな故障なくシーズンを過ごせてはいるものの、時に疲労がなかなか抜けないということを経験します。

40代になるとどのくらいの強度、どのくらいの頻度でトレーニングを積めばよいのか、まだまだ試行錯誤の日々。

試合に向けてのコンディショニングについても同様に試行錯誤。

調子が良かった時と同様の調整でも調子が悪かったり、調整を考えず試合を迎えても調子が良かったり。

疲労回復や試合へのコンディショニングを図る上で、サプリメントをうまく利用することが重要かと考えています。

現在、適宜使用しているのは、

  • ザバス プロテイン ウエイトダウン
  • DNS  クレアチン
  • ザバス Power Amino 2500

先週の試合では、疲労が抜け切れていないように感じたため、今週は思い切って3日間、完全休養としました。

明日から軽めに始動し、明後日は刺激を、一日休養を挟んで試合にのぞむつもりでいます。

年齢を重ねても競技に挑んでいる方々はどのようにトレーニング計画を立て、どのようなコンディショニングをされているのでしょう。